これまで15年間、英語教育に携わってきました。
この15年の間に早期英語教育の分野は大きく成長しました。
たくさんの英語教室・スクール・教材・知育玩具まで・・・・溢れています。

何をすればいいんだろう?
どこに習いにいけばいいんだろう?
本当に英語が話せるようになるのかしら?

英会話を続けてて学校のテストや受験には対応できるのかしら?
日本で暮らすんだし、英語なんて結局 必要ないでしょ?
子どもを持つ親御さんで我が子の『英語』について、このようにいろいろ思い悩まれてる方も多いと思います。
English Studio シャベリンガルでは、そのような問題を解決します。

よく「日本人はこれまでの英語教育でreading (読み)writing(書き)ばかりやってきたから話せないんだ」という意見がありますが、本当にそうでしょうか?

私たちは本当に学校教育・中・高、6年間の英語教育で「読み」「書き」をしましたか?
ならば、みんな英語の簡単な小説や新聞くらい読めるはずです。
友人に英語で手紙やメールくらいなんなく書けるはずです。
しかし、6年間の学校教育の英語だけでは大抵の方がこれらの事ができません。

「読む」ということの本来の意義は、内容把握や情報収集をすることです。
「書く」ということの本来の意義は、書き手の意思がその中に入っていなければなりません。
英文を和訳する。また、和文を英訳するというこれまでの受験英語は決して本来の「読み」「書き」に値しません。
私たちはひたすら「英文法」をやってきたのです。

English Studioシャベリンガルの子ども・小学生コースでは、本来の意義である「reading」「writing」を強化していきます。
英語を通して読書好きになって欲しい♫
「エイゴ」を「エイゴ」で考える。
エイゴ脳を作ります。